HOME>トピックス>プロの庭造りと素人の庭造りの大きな違いと差

プロの業者とは

庭

プロの造園業者に自宅の庭作りを依頼した場合、素人の庭作りと圧倒的に違うのが目立つ部分として庭の仕上がりの美しさです。素人が庭を造る場合は、先ずホームセンターへなど足を運び資材を選びます。さらに資材を選ぶときでもその知識や、実際に組み立て完成するまでは大変な技術も必要です。しかしプロの業者へ依頼すれば、その各家庭に最適なデザインと高いクオリティを提供してくれます。

大きな違いと差

庭作りは時間がたったときプロの造園業者の、手掛けたものとそうではないものとでは大きな違いと差がでます。差が出る原因は植える植物の特性などに、配慮をすることと地域の自然条件を良く踏まえていることです。時間が経過しても変わらない美しさを保つことが可能なのは、手掛けたときから庭の数年後を予測しているからです。また造園工事は庭造りが終了すれば、後はそのままで良いということではありません。美しい庭を維持するためにはメンテナンスが必要です。

引き渡しまでの流れ

プロの造園業者に依頼を考えたときは、先ず依頼をする前に資料請求や無料相談などを利用します。その後プロの業者が自宅を訪れ現地調査とお客の要望を聞いてプランを作成します。そしてプランと見積もりに納得した場合契約を交わします。実際の工事では近隣住民に対しての配慮も任すことが可能です。そして工事が終了したら造園工事の確認箇所を担当者と自分でチェックします。問題が無ければ引き渡しになります。

広告募集中